2020年から実視される新学習要領対応

子供の才能を伸ばす幼児教育とは
幼少期から習い事をしている家庭が増え、「何歳からどんな習い事をさせたらいいのか」と悩んでいる人は多いものですが、一方で習い事よりも、家庭での規則正しい生活に取り組んだ方が良い結果が出るという考え方もあります。

三つ子の魂百まで、就学前の育児・教育が重要
幼少期のお子さんがいらっしゃる保護者さまの関心ごとは、「どういった幼児教育を何歳から始めさせたらいいのか」ということではないでしょうか。

格差が広がるばかりの社会で子供の将来を考えると、より良い環境で、質の高い教育の機会を与えてあげたいと思うのは、親の気持ちとしては当然・・・・

では、どうすれば「将来に役立つ能力」を育てることができるのでしょうか。

有名な話ですが、「3、4歳の時期に適切な教育を受けなかった子どもは、教育投資の効果が小さくなり、学習意欲を高めることは難しく、効果は限定的なものになる」と、科学雑誌に記載がありました。

「三つ子の魂百まで」という言葉があるように、就学前の育児・教育が重要なポイントだと言えます。

将来への影響
近年、就職問題ではミスマッチが多く、自分のやりたいことができる企業への就職が困難で妥協して就職する人も少なくないようです。

またグローバル化が進み、世界で活躍できる人材への期待が高まっています。

子どもを取り巻く将来の不安が広がっており、これからの人材には、単なる学力ではなく、異なる価値観や文化をもつ人とのコミュニケーション力や、チームで活動する人間力、そして将来像を描ける想像力・企画力、そしていま何をするかを考えて行動する力が求められています。

「文字の読み書き」よりも「コミュニケーション力」「考える力」を!

最近は、幼児教育が一般的になっており、多くのご家庭で幼児期に「文字の読み書き」に取り組まれているようです。

しかし、幼児期における早期教育で代表的な「文字の読み書き」については否定的な研究者が多く、「3歳での『読み書き』能力は、親の所得や教育投資額が多いほど高かったものの、小学校入学前には『読み書き』能力の差は消滅した」という結果も出ているようです。

幼児期に文字の読み書きができれば、親の満足度は高まるでしょうが、小学校1年生から読み書きを習い始めたとしても、誰もが普通に読み書きができるようになることを考えると、「文字の読み書き」の幼児教育の効果は限定的です。

小学校低学年までは学校の授業についていけても、高学年から学習が遅れる児童が多いのですが、その原因は二つ挙げられます。

一つ目は、語彙力の不足
語彙力が不足していると、授業で聞く言葉の意味をイメージできないため、授業の内容を理解できなくなるのです。

二つ目は、考える力の不足
小学校高学年になると、文章題など考える問題が増えてきます。考える力や経験が不足していると、難問を目の当たりにすると、解こうという気持ちが萎えてしまうのです。

コミュニケーションの土台となる語彙力や考える力は、親子の会話のやりとりを通じて、子ども自身が考えて判断する経験を通して豊かになります。

所得や教育投資額に関係なく、お子さんとの楽しい経験の共有を大切にする家庭では語彙力が高くなる傾向があります。

また、お子さんが考える時間を大切にしている家庭では考える力が育まれます。

小さい時から文章を読む癖を付けると語彙力が格段に向上する、との事だったので、自分もやっておけばよかったな、と軽く後悔しています。

がしかし、全ての家庭で親が子供との接する時間がたっぷりある訳ではありません。共働きの家庭も多く、ゆっくりくつろぐ時間も取れないご家庭もお有りと思います。

そのよう状況であるなら、効果的な他の方策も検討されては如何でしょうか?

但し、教材・ツールを与えっぱなしはNG、結果や困ったこと、楽しかったことを話し合えば効果は倍増とのこと・・・

国産材の木のおもちゃと子ども用家具!

株式会社なかよしライブラリー

国産にこだわる木のおもちゃ・子ども家具 子どもたちに最高の製品を【TOYHOF】

皇室の愛子様もご愛用

・国産材で作る木製の子ども家具と木のおもちゃ
・安心安全の植物塗料で仕上げたツルツルの肌触り
・元保育士がデザインする唯一無二の木のおもちゃ
(デザインは全て自社オリジナルです!)
・化学物質を極限まで抑えたモノづくりをしております。
・アナログな「木」だからこそ、子どもが主体的に遊び方を考え、
想像力や発想力を鍛えることができます。

 

一度気に入っていただけると、高確率で購入していただける商材だと確信しています。
製品に対してもモノづくりに対しても手作りの良さ、良いものを永く愛用していただきたいです。
また子どもたちの健康で未来ある将来のきっかけになりたいと思います。

木のおもちゃ

子ども家具

ほいくえん家具

株式会社 なかよしライブラリー
創業1983年

創業者である、濱田正志は1980年代、高知県第一号の男性の保育士として、障がい者施設で職員として日々働いていました。

障がいのある子ども達は少し目を離すと、遊んでいるおもちゃを投げたり、口に入れたり、それはひと時も目を離す暇がないほどだったそうです。

遊んでいるにもかかわらず、常に怪我と隣り合わせにある状況を変えたいと、作り始めたのが「木のおもちゃ」でした。

角を丸くし、塗装をせずに、安全に配慮した木のミニカーや積み木など、それはそれは子ども達が喜んで遊んでくれるのです。

さらにそれを目にした母親から、家庭用にも造ってほしいという声をいただくようになります。

勤務の傍らで注文に応えていたのですが、もしかしたらこれは仕事になるかもしれない。そう思いサラリーマンを辞め 事業をスタートさせました。

詳しくは、次の画像をクリックして公式サイトよりご注文してください。

 

 

新学習要領に沿った学びを提供

先ずは資料請求だけでも・・・

ジャストシステム【スマイルゼミ】

学習内容
新1年生(12月開講)
入学準備のために平仮名、数、時間を学びます。
小学生(各学年)
国語、算数、英語、オプションとして英語、プログラミング

スマイルゼミが選ばれる理由

タブレット使った学習で、楽しく長く続けられる工夫が満載です。

1.動くから、理解が進む
紙の教材では理会しづらい立体・展開図も動き付きでわかりやすく解説します。

2.指で触れて、体感できる
自宅ではできない理科の実験も、タブレットなら指で実際に動かしてみることができる。

3.ネイティブな発音で英検5級が目指せる
ネイティブな発音を聞くことができ、英語特有の音と利ずくに触れ、聞き取る力が身に付きます。

4. 一人でしっかり学べる
自動で丸付け&丁寧な解説ができ、保護者が見ていなくても、一人で学習ができます。

5.丁寧に書いて答える力を養う
スマイルゼミは「雑に書いた文字」も指摘。丁寧に書いて答える習慣が身につきます。

10月度講座のお申し込みは10月28日まで

スマイルゼミ小学コースはここが違う!
1.英語が標準教科として無料で学べる!

2.タブレット専用ペンで書いて学べる!

3.家族限定のメッセージツールが使えるから、お子様とのコミュニケーションも円滑に!

4.スマイルゼミ小学生コースをご利用頂いたお客様の91.3%が学力UPを実感!

先ずは資料請求をお勧めします。